HOME > お客様へ > 入居のステップ

お引越し・ご入居までの入居のステップ

予算について

毎月の家賃は月収の3分の1が目安

家賃は物件の立地、間取り、築年数や設備などの条件より変動します。希望する部屋の条件と探しているエリアの平均相場と比較します。
家賃の目安は、手取り月収の3分の1というのが一般的です。手取りが24万円なら家賃は7万円〜8万円で希望する条件を整理して物件を探していきます。


間取りについて

家賃構成や荷物の量を考慮に考えます

一人暮らしでワンルームを探していても趣味など洋服で荷物が多ければ引越してみたら荷物が入り切らないなんてことも
間取りの表記ですが1DKの1は部屋数になります。数字が2であれば2部屋あるという意味です。DKはダイニングキッチン。ちなみにLはリビング。Sはサービスルームです。新居へ持っていく荷物の量や今後の事を考えてどの位の大きさが必要なのかを検討してみましょう。


条件整理

本当に必要な条件は?優先順位をつける

希望した条件は様々だと思います。殆どの人の最優先は、学校や勤務先に近い駅だと思います。然しながら、都内主要都市に近づくにつれ、その分家賃も高くなります。また、家賃と同時に部屋のランクも下がってきます。
探すときは、「○○線」、「○○駅まで20分で行ける駅」など、乗り換えも含め、いろいろとシュミレーションすると希望の条件の物件がみつかりやすいです。また、部屋への条件もこだわり順に優先順位を設定します。「オートロック」、「ペット可」などです。

このページの先頭へ


物件検索

部屋探しは情報収集。イメージに合う物件を検索!

「物件検索サイト」などのポータルサイトからも物件を探す事もできます。沿線や駅、希望する間取り、設備の条件を選択して探します。
当社は自社管理の物件を多数ご用意していますのでお得な条件でのご契約も可能になります。

沿線・路線名/最寄り駅・バス停名
基本的には一番近い駅・バス停の表示が多い。中には2駅2線利用が可能な立地条件の物件もある。

所要時間
徒歩1分で80m進む計算方法。
歩幅の小さい女性の方や、信号、踏切などの障害物の多い道路だと多少前後する場合もあります。

家賃
家主に支払う1ヶ月分の賃料。水道料等の付加設備がなければこれに共益費(管理費)を含めて金額が毎月の支払い額となる。

保証金・敷金・礼金・償却・解約引き
保証金、敷金は契約期間中の担保として家主に預けられ、退去時、部屋の修繕費などに当てられます。礼金はその名の通り入居のお礼として家主に支払うお金。従って返却はされません。
償却、解約引きとは、退去時、もしくは一定期間ごとに保証金、敷金から差し引かれるお金。

共益費・管理費
階段、廊下、エントランス、エレベーターなどの共用部分の維持、保全に必要な経費。家賃とは別に月々支払う。

種別・構造
[マンション] RC造・SRC造・PC造・ALC造等の共同住宅
[ハイツ] 軽量鉄骨造の共同住宅
[コーポ] サイディングボード張りの木造共同住宅。2×4工法も含まれる
[アパート] モルタル塗装の木造共同住宅
[貸家] 建物全体を一世帯で占有できる一戸建
[テラスハウス] 上・下階を室内階段を使用して利用する構造の連携式共同住宅

このページの先頭へ


アポインント

自分の条件を整理する!

インターネットなどを利用して気になるお部屋をみつかりましたら事前にお問い合わせを頂き空室情報の有無を確認して下さい。最新の空室情報を掲載をしていますが、物件は常に動いていますので、ご連絡直前に他で決まってしまっている場合などもございます。其の場合は条件をお聞きして最新情報の中から希望に合う物件を紹介致します。
実際にお部屋を内見する場合は事前に来店予約をして頂ければ希望する条件の物件もお調べして、色々な物件をスムーズに内見ができるようになります。


事前確認

保証人や入居時期のことなど

賃貸マンション、アパートの賃料が変動するように、物件のオーナーや管理業者毎に審査の内容や必要書類など、入居までのステップが変わるケースもあります。入居までにスムーズに手続きができるように事前に色々な準備を確認しておきましょう。
賃貸物件は連帯保証人が必要となるケースが多いです。
入居の申込みの際や実際の契約時に保証人の有無を確認するケースもありますので事前に相手を選んでおきます。
又、条件を満たす保証人が見つからない場合は連帯保証人不要システムもご用意しています。


このページの先頭へ


物件を選ぶ

多数の物件から内見物件を選択する!

ご来店頂いた後は、専門のスタッフがお客様から伺いました希望する条件から該当する物件を詳しい資料でご紹介致します。
「もっと駅近がいい」とか「新築がいい」など更に条件をお聞きして実際に内見に行く物件をしぼっていきます。


内見

実際の物件をお客様の目で確認!

該当する物件がありましたらいよいよお部屋の内見!
希望している条件と違うかどうかを実際にみてチェックします。
台所の広さは?バスやトイレは?日当りや風の通りなど注意を向けましょう。
また、内見して気に入ったお部屋があれば、メジャーを使ってカーテンや洗濯機置き場のサイズをチェックしておくと確認しておく必要があります。


周辺環境

住環境をチェック

物件に問題が無ければ、あとは住環境をチェックします。 ゴミ置き場の場所や、車があれば駐車場など実際に生活で必要になることをイメージして調べます。
又、スーパーやコンビニ、ファミリーで引越をされる場合は病院や公園などの遊具施設なども確認します。


このページの先頭へ


申込み

勤務先、保証人の内容を記入

契約をしたい物件が見つかりましたら、入居申込書に記入して頂きます。内容は、連絡先や勤務先、年収などに加えて連帯保証人の内容も必要になります。
入居申込書が完成しましたら次に審査があり、家主さんに、入居申込書を提出してご説明します。入居の審査内容は、家賃に対して収入や保証人などの点を確認致します。2日から1週間ほどで結果が出ます。


契約金

契約金は家賃の5ヶ月分くらいが目安です

契約の際には、家賃の他に様々な費用が必要になります。もちろん物件により内容は変動しますが、一般的には、契約金は敷金・礼金+家賃の2ヶ月分を目安に思って頂くとよいでしょう。
明細書にて説明致しますので、不明な点の無いように注意して下さい。

契約時に必要な費用
敷金 家賃の○ヶ月分 家賃の滞納時や室内を汚損した際の担保金
礼金 家賃の○ヶ月分 家主さんへ部屋を借りる為に支払う謝礼金
仲介手数料 家賃の1ヶ月分+消費税 家主さんと入居者とを仲介した不動産会社へ支払うお金
前家賃 最大で家賃の1ヶ月分 入居可能日から翌月の家賃までを日割り計算したもの


必要書類

契約に必要な書類を準備

必要書類は物件によって異なるが申込み時もしくは審査通過時に当社より説明させて頂きます。
おおむね共通しているものは以下に挙げるものとなります。

○入居者の住民票
単独者は本人個人のものを一通。カップルやファミリーの場合は入居者全員分が必要となります。
結婚を機に入居する場合は、双方の現住所の個人住民票を各一通づつ用意する。手配は役所にて。

○保証人の印鑑証明書
契約書に実印の捺印が必要な場合、実印を使用した証明に印鑑証明書を一通用意してもらう。
又、保証人引受承諾書が必要の場合は、その所定の用紙に署名、捺印をもらう。その際も印鑑証明書は必要になります。

○契約者本人の収入証明書
勤務していることの証明。安定した収入があることを証明するために提出を求められる場合があります。
自営業の方は、納税証明書等で代用する場合もあります。税務署でもらう。


学生の場合

物件によっては保護者が契約者になることも…

家主さんや管理業者によっては、未成年者や学生の場合に契約者を保護者が指定される場合があります。
また遠距離からの引越の場合は契約者等の必要書類事項は郵送で、契約金は銀行振込みでも対応致しますのでご安心下さい。

このページの先頭へ


契約

重要事項説明を聞いて、契約内容をしっかり確認!

審査が無事終了すると契約手続きに移ります。
まずは、契約内容が全て記載されている重要事項説明を受けて、再度確認頂きます。聞き慣れない専門用語も多いので、不明点は遠慮なく全て聞いて下さい。
きちんと理解して頂いた上で署名、捺印をお願いします。ここで特にご注意頂きたい項目を紹介します。

○禁止事項
入居にあたり禁止されている事項を記載しています。代表的なのは、ペットの預かり飼育、楽器等の持込演奏、石油ストーブの使用、無断での長期不在などです。契約時に同意したうえ違反すると場合によって即刻退去を強制されることもある。
内容をきちんと確認してルールを守るように心がけよう。

○更新・解約
契約後いつから期間が始まり、何年間の契約なのか、更新を行う場合の更新料はいくらなのかを確認してください。
又、解約の方法も契約時に確認。基本的には、前もって通知を出し予告する事が義務づけられています。
予告期限は解約日の1~2ヶ月前とされる事が多い。
通知が設定期間に満たないと、家賃を余計に支払う場合があるので「いつまでに」「誰に」「どうやって」連絡をするのかを確認しましょう。

○特約事項
契約書内に記載されている特約項目にも注意しましょう。
退去時に敷金の償却があるケースもあります。何ヶ月償却なのかなど確認しておくとよいでしょう。

このページの先頭へ